データ同化研究チームについて

データ同化は、力学系理論や統計数理に基づき、シミュレーションと実測データとを融合し相乗効果を生み出す学際的科学です。計算機が高度化しシミュレーションが精緻になるほど、現実世界のデータとコンピュータ上のシミュレーションとを付きあわせ、これらを融合することの意義・効用が増します。当研究チームでは、スーパーコンピュータ「京」などの大型計算機を生かした大規模シミュレーションのための効率的かつ高精度なデータ同化アルゴリズムを研究開発するとともに、データ同化の先進的な理論研究や、幅広い応用研究を行います。

チームウェブサイト
理研の研究室紹介ページ
計算科学研究センターの研究室紹介ページ  


気象予報士

     
チームリーダー
三好建正(みよしたけまさ)
特別研究員
小槻峻司(こつきしゅんじ)
特別研究員
本田匠(ほんだたくみ)
リサーチアソシエイト
前島康光(まえじまやすみつ)


理化学研究所
計算科学研究センター
データ同化研究チーム